IMG_5849.jpg
左リヤドア亀裂損傷・左クォーター亀裂損傷修理のご依頼です。
IMG_5850.jpg
えぐいです。
IMG_5853.jpg
ドア裏側も損傷
IMG_5857.jpg
透かして見ると左リヤドア歪み広範囲。
IMG_5916.jpg
IMG_5917.jpg
まずリヤドアから直します。
IMG_5919.jpg
なんか適当な修理発見。あーこれ同じ箇所以前に修理してるな・・・・。まあご予算もあっての事かも知れないので・・・。
IMG_5920.jpg
左クォータカット交換暦車。・・・・。
IMG_5927.jpg
左リヤドアおおよその板金が完了したらクォーターパネル板金。写真にはありませんが半田で鉄板を引っ付けて車両を固定して修正機にて内側に入っているクオーターパネルを引っ張り出します。
その後反対側のパネルをお手本にして板金作業。複雑骨折部鉄板で作ります。
IMG_5926.jpg
IMG_5922.jpg
こんな感じかな。
IMG_5928.jpg
IMG_5929.jpg
IMG_5932.jpg
左リヤドア交換暦あり車でした。新品のロッカーモールで板金箇所確認。綿密な計算で一発OK
前回どこかで修復したところどこかわわかりませんが切り継いだところ全部溶接してスポット打ってよと思いながら作業大幅難航。リヤドアもしっかり板金すると損傷箇所が1/3ぐらいに小さくなります。しっかり板金すると大きな歪が自然と抜けてきます。
IMG_5943.jpg
塗装パテをうっすらとつけ面だしします。
IMG_5942.jpg
修正によりカット交換した切り継ぎ溶接のところが亀裂。再度溶接・・・・・。難航。そしてうっすらと塗装パテ。
IMG_5944.jpg
サフェーサー塗装。
IMG_6002.jpg
あらかじめシーラーをガラス面に作っておいた物をカッターにて切り取ってシーラー部を復元いたします。
IMG_5945.jpg
つなぎ目はカッター・ペーパーを使用しなだらかにつながるように調整します。その後サフェーサー塗装。つなぎ目の段差はパテ形成
IMG_5956.jpg
ホイールハウス内板塗装完了。
IMG_5940.jpg
リヤドアシーラー部もホイールハウスのシーラー部と同作業。
IMG_5959.jpg
IMG_5960.jpg
IMG_5961.jpg
マスキング
IMG_5963.jpg
塗装完了。
IMG_5964.jpg
ロックピラー内板部の塗装も完了。
IMG_5965.jpg
リヤドアの内側の損傷も消えた・・・。
猛烈な忙しさにより完成写真取り忘れてしまいました。ごめんなさい。ご依頼誠にありがとうございました。

関連記事
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック