IMG_5761111.jpg
パレットフロントバンパー修理&全磨きのご依頼です。ABS樹脂薄厚フロントエアロバンパー修理で強度を持たせ、かつ仕上がりを追求します。多分他社さんでは出来ない修理でしょう・・・・。
IMG_5776.jpg
広範囲の亀裂
IMG_5778.jpg
べろ~ん・・・。 リベット削り取るだけで周辺解けます・・・・。
IMG_5780_20150417042035b12.jpg
亀裂
IMG_5781_2015041704213048b.jpg


IMG_5777.jpg
亀裂

IMG_5774.jpg

IMG_5767.jpg
塗装の為補機部品脱着
IMG_5768.jpg
両面テープ取り付け。しっかり旧両面テープ剥離後プライマーを塗布後同幅同厚の両面テープ取り付け
IMG_5769.jpg
IMG_5770_20150417043014bfd.jpg
両面テープ在庫。多分ここまで取り揃えているしているところ少ないと思います。
IMG_5783.jpg
亀裂部適性温度に溶解して圧着。
IMG_5782_20150417043349f33.jpg
温度管理の出来る半田ごて使用。小手先改造品。
IMG_5785.jpg
溶かし込んで圧着。
IMG_5786.jpg
素材が薄いところは溶接棒を使い補充。
IMG_5787.jpg
作業風景・・・・。
IMG_5788.jpg
裏側も溶解させて圧着。
IMG_5789.jpg
ねじらせても溶接したところは再び切れません。強度はでています。
IMG_5793.jpg
こちらも溶接
IMG_5794.jpg
素材が足らないところは溶接棒にて補充
IMG_5795.jpg
強度出てます。かなり力を入れてねじっても裂けません。
IMG_5796.jpg
その上から目の細かいステンレスワイヤーを素材の中に埋め込みます。IMG_5798.jpg
ワイヤーが中に埋め込まれました。
IMG_5800.jpg
このステンレスワイヤーを切って使用しています。
IMG_5801.jpg
こちらも
IMG_5803.jpg
このステンレスワイヤーを表面と裏面の亀裂部分に埋め込みます。
IMG_5810.jpg
IMG_5814.jpg
かなり地道な作業。
IMG_5815.jpg
入れ込み途中画像
IMG_5816.jpg
ステンレスワイヤー埋め込み完了。
IMG_5819.jpg
IMG_5820.jpg
IMG_5821.jpg
しっかりした修理
IMG_5842.jpg
バンパーパテにて形成。薄厚ABSエアロバンパーの為削りを回避。
IMG_5843.jpg
こちらも
IMG_5858.jpg
IMG_5864.jpg
細かな巣穴部再度パテ付けその後
IMG_5865.jpg
IMG_5866.jpg
サフェーサー塗装。黒色を選択。
IMG_5868.jpg
IMG_5872.jpg
サフェーサー乾燥中にフォグカバー両面テープ剥離後新品両面テープ取り付け。
両面テープ剥離が出来なく親指3倍ぐらい大きくなっちゃうとお悩みの方
IMG_5805_2015041705090784a.jpg
シリコンオフを容器に入れ両面テープ剥がしたいものを漬け込んでおきます。そうすると剥離しやすくなります。

IMG_5876.jpg
IMG_5877.jpg
あの亀裂はもうありません。
IMG_5879.jpg
空とぎ
IMG_5881.jpg
下地処理が完了したらリベット外したところ取り付け
IMG_5882.jpg
塗装前
IMG_5883.jpg
IMG_5884.jpg
IMG_5888.jpg
IMG_5762.jpg
調色。
IMG_5893.jpg
IMG_5896.jpg
IMG_5898.jpg
IMG_5900.jpg
塗装後仕上げ。細かなブツ取りペーパーがけ
IMG_5901.jpg
IMG_5902.jpg
IMG_5903.jpg
磨き完了後組み付け
IMG_5836.jpg
ボデー全磨き完了。
IMG_5904111.jpg
組み付け完了。思い余ってエンジンルームまでぴかぴかに・・・・・。勝手にやってしまって申し訳けございません。
IMG_5907.jpg
IMG_5909.jpg
鬼ぴか。御依頼誠にありがとうございました。


関連記事
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック