IMG_2505.jpg
業者様板金修理だけのご依頼です。ダッシュパネルが事故により押されている為左メンバーを引っ張り出してダッシュパネル
を復元します。
IMG_2553.jpg
この引っ張り方マニアックだけどきずいてくれるかな・・・・。
IMG_2554.jpg
左サイドメンバーが付いている室内側。結構損傷あります。
IMG_2556.jpg
ダッシュパネルがある程度出たら左サイドメンバー、エプロンを外します。
IMG_2557.jpg
新しいサイドメンバー。
IMG_2558.jpg
仮付け。
IMG_2559.jpg
寸法計測で左サイドメンバーの位置が高いのが判明。まだダッシュパネルが出きってない・・・。
IMG_2560.jpg
エプロンの高さはOK。
IMG_2563.jpg
サイドメンバーをボデーに溶接後下げることにします。
IMG_2564.jpg
サイドメンバーを下げたところでフェンダーエプロンも溶接していきます。
IMG_2565.jpg
各部寸法計測。サイドメンバー左右高さ対角OKクロスメンバー取付位置OKサポート位置ずれ調整。
IMG_2566.jpg
位置決めが決まりましたので一気に溶接。溶接箇所てんこ盛りです。
溶接後寸法計測。サイドメンバーは溶接後ズレはありませんでしたが左エプロンのストラット付け穴の位置が溶接後2mm内側に入ってしまいましたので。修正機にて局部的に引っ張り出し。寸法でました。右サポートの損傷部も修正。
IMG_2572.jpg
スポット・溶接跡が錆びないように缶スプレーで塗装。足回りをとりあえずつけて転がるようにして完成です。
IMG_2573.jpg
IMG_2575.jpg
IMG_2576.jpg
室内ダッシュパネル。
板金だけのご依頼でした。この度はご依頼誠に有難うございました。
関連記事
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック