IMG_0001.jpg
リヤ事故修理です。ランクルがぶつかってきたとのこと・・・。見た目ひどくなさそうだが・・・。
IMG_0257.jpg
左クォーター損傷
IMG_0258.jpg
左リヤドアと左クォータパネルの隙間少
IMG_0255.jpg
左リヤメンバー折れてる・・・。
IMG_0260.jpg
リヤフロアー損傷。
これは全損ですね。と思いきやオーナー様修理してくださいって。
IMG_0259.jpg
粗だし。なんだか出てこない・・・。これもしかして大変時間の掛かる作業になっちゃうのではと。
IMG_0264.jpg
これは大変だ。バックパネル外すのに左右のパネル外さないと外れない・・・。左側つぶれてる。
IMG_0270.jpg
IMG_0274.jpg
これどうするのと悩みながら・・・。
IMG_0281.jpg
左リヤメンバー前の方まで損傷してる・・・・。
IMG_0322.jpg
と左メンバー思いっきり引っ張る。またロッカーパネルクランプ跡付けたくないないので4点固定しない。余計ややこしくなっていくような気もするが事故車そうろうにしたくもない。
IMG_0323.jpg
テンションかけてみる。クォーターパネル引っ張らなくてもメンバー引っ張ればドアの隙間広がるんだ。
IMG_0320.jpg
フロアー交換は出来れば避けたいと
IMG_0321.jpg
左メンバーの歪を直す為にフロアーカット。
いやーいい道具があるねー。これいつ買ったんだろうと思いながら修理。両隅は分厚い鉄板。世の中と一緒で強いものが勝つ。となにをいってるんでしょうか・・。
IMG_0685.jpg

おー格闘の末。下にポートパワー押し上げておくとオンドリ状態。全く関係者しかわからない会話。

IMG_0684.jpg

IMG_0686.jpg
引っ張りながらの修正で縮みがなくなった。
IMG_0688.jpg
綺麗に伸びました。
IMG_0689.jpg
IMG_0968.jpg
IMG_0970.jpg
IMG_0971_20141124220453858.jpg

IMG_1713.jpg
左クォータ板金完了。
IMG_1714.jpg
インナーパネル。つなぎ形成。
IMG_1718.jpg
そしてバックパネル取付。バックパネル仮付け時にわかったのですが左側が事故の影響で高さが高くなってました。
右側の被さっているパネルを外さないとバックパネルが外せない構造になっているため。バックパネルカット交換で対応。
IMG_1924.jpg
ようやく形になってきました。
IMG_1925.jpg
IMG_1926.jpg

IMG_1923.jpg
IMG_1977.jpg
シーラー塗布そして内板2色の色で新車時の塗装を再現します。
IMG_1978.jpg
IMG_1979.jpg

IMG_2029.jpg
そして塗装。
IMG_2062.jpg
組み付け・仕上げ等作動確認こなし完成。
IMG_2063111.jpg
この度はご依頼誠に有難うございました。

関連記事
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック